新規ソフトを導入する場合クラウド方式は購入方式に比べ、導入ハードルが下がるため導入しやすいシステムです。

クラウドによるメリット


クラウドによるメリット

クラウド方式は導入のハードルが下がる

新しいソフトを導入しようと検討する場合、購入方式だと一時的な投資金額が増えるためハードルが高いと感じる事があります。それに比べてクラウド方式だと月額料金を支払う方法なので数千円から数万円の費用負担で済むと感じられるため、導入のハードルはずいぶん低く感じるものです。今まで数百万円の高価なソフトであってもリースを組めば同じようなものですが、それでも審査も無しに月額使用料のみの負担で最新バージョンのソフトが常に使えるのは良いことです。あらゆるソフトでクラウド方式の採用が進んでいる状況です。私の会社でも専用ソフトを導入するとしたら今までは300万円以上の価格で購入していたものが2万程度の月額使用料で導入することができるため、CADの台数を増やそうとする場合に稟議が通りやすいと感じます。

ただ慎重に考えなければならないことは、長期的にそのソフトを使用することを考えると月額使用料を何カ月分支払えば購入に追いつくかということです。つまり、購入することと月額使用料を支払う金額が同じになる時が来るのです。その時期以上に使用するのであれば当然購入の方が結果的に有利な投資になります。企業の経営者はその辺まで考えて損得をはじき出すのです。従って、稟議書を出す場合には、ソフトの購入代金と月額使用料の両方の見積書を提出しなければなりません。さらに、ソフトのバージョンアップの料金なども考慮に入れた検討が必要になるのです。

関連サイト



Copyright(c) 2017 クラウドによるメリット All Rights Reserved.